ニオイのお悩みが多い部位は「」や「」ですが、実は「陰部」もそうですよね。アナタも陰部の強いニオイ、いわゆる「すそわきが」で悩んでいませんか?

このすそわきが対策にもデオドラント剤がよく使われますが、「クリアネオ」はすそわきがにも使えるクリームでしょうか?ワキガ対策クリームとしてよくオススメされるだけに、気になる方も多いでしょう。その答えについて、詳しくご紹介していきます。

クリアネオはすそわきがにも効果あり!

クリアネオ すそわきが

クリアネオはすそわきがにも効果はあるのか、結論から言うと「効果あり」です。すそわきがを抑えるためにもクリアネオが使えます。デリケートゾーンのニオイが気になっている方にはオススメですよ。

クリアネオは効果ある?そもそもすそわきがの仕組みって?

クリアネオで抑えられる「すそわきが」のニオイ。そもそも「すそわきが」とはどういうニオイなのでしょうか?

これはデリケートゾーンにある「アポクリン腺」という特殊な汗腺が関わっているニオイです。この汗腺から出る汗には、水分以外にも次のような成分が入っています。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖質
  • アンモニア
  • 鉄分

水分以外にも多くの成分が混ざっている汗ですから、この汗自体も通常の汗とは少し違いがあります。色は少し白っぽく、やや粘り気のある汗なんです。

この汗に雑菌が湧いて汗の各成分を分解すると、通常の汗よりも強いニオイが出ます。これが「すそわきが」の正体です。

すそわきがとワキガは同じもの!?クリアネオがオススメ

すそわきがの仕組みをご紹介しましたが、実はこれは脇から出る強いニオイ、いわゆる「ワキガ」と同じ仕組みのニオイです。すそわきがの原因となる汗腺「アポクリン腺」は、デリケートゾーンを含めて体のいくつかの部位にあります。

  • 乳首周り
  • デリケートゾーン周り

これら部位はいずれも「ワキガ臭」のお悩みが多い部位です。そのワケは、これらの部位にアポクリン腺があるからなんですね。

ワキガのお悩みが多い代表的な部位はやはり「」ですが、ここにクリアネオを塗るとワキガ臭でも抑えられると評判です。ですから、同じ仕組みのニオイになる「すそわきが」でも、クリアネオで抑えられるというワケです。

クリアネオがワキガ臭を抑える仕組みとは

ではクリアネオを使うとなぜワキガ臭を抑えられるのか、その効果の仕組みが気になりますよね。まずはニオイが出る流れをおさらいしましょう。

  1. アポクリン腺から特殊な汗が出る
  2. その汗に雑菌が湧く
  3. 雑菌が汗の成分を分解
  4. ニオイが出る

この流れでしたね。ニオイの原因は汗と雑菌ですが、これを抑えるのがクリアネオの効果です。アポクリン腺からの汗を抑え、さらには雑菌も抑えます。

これでワキガ臭がなくなります。ニオイの原因がなくなるからですね。さらに、クリアネオにはニオイそのものを抑える、いわゆる消臭剤のような成分も配合しています。コレの効果でもニオイを抑えるので、さらに臭いにくくなるわけです。

このように、クリアネオはただの消臭剤ではなく、ニオイの原因から解決するデオドラント剤です。だからすそわきがのように強いニオイでも抑えられるんですね。

クリアネオの主な成分とは

クリアネオの主な有効成分は、次の2つです。

  • イソプロピルメチルフェノール(抗菌成分)
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛(制汗成分)

」と「雑菌」はニオイの原因ですから、コレを抑えないとニオイケアは難しいですよね。そのため、これら有効成分がしっかりと抑えてくれます。

ニオイそのものを抑える成分には、いくつかの天然成分が使われています。

  • カキタンニン
  • シャクヤクエキス
  • チャエキス
  • クマザサエキス
  • ハマメリスエキス

これら成分がそれぞれ働き、ニオイをしっかりと抑えてくれますよ。

クリアネオをすそわきが対策で使うときの方法、コツ

クリアネオの使い方は簡単です。ニオイが気になる部位へとクリアネオを塗ればOK。塗る量は6プッシュ分が目安です。ニオイがする部位をクリームでムラなくカバーすることを意識して、しっかりと塗ってみてください。

クリアネオはデリケートゾーンにも塗れる?

クリアネオは全身のニオイが気になる部位へと使えるクリームです。ですから、すそわきが対策でデリケートゾーンに塗るのもOK。

先ほどご紹介した通り、クリアネオは天然成分を多く使っているクリームで、刺激は小さめです。パッチテストも実施されており、アレルギーなどが出ないことも確認されています。

ですから、クリアネオの使用部位に強い制限はありません。デリケートゾーンへの利用もOKです。強く臭いやすい部位へと使ってみてください。

クリアネオは粘膜には使えないことにだけ注意

クリアネオが使えないことがあるのは、「皮膚の薄い部分」と、「粘膜部分」です。デリケートゾーン周りに使うときに気を付けたいのは「粘膜」ではないでしょうか?

女性の方にとって、女性器もニオイのお悩みの多い部位ですが、この中は粘膜部分になりますよね。ここにクリアネオは使えません。

すそわきが対策のためにクリアネオを使うとき、女性の方は女性器の中には使わないようにご注意ください。

こんなときは特にクリアネオを!すそわきがが強くなるとき

クリアネオですそわきが対策をするコツとして、すそわきがのニオイが強くなるときこそ、しっかりとクリアネオを使いたいですよね。実は、すそわきがのニオイが強まるタイミングがいくつかあります。

  • 性行為の前後
  • 強い緊張
  • 生理中
  • その他、強く興奮するとき

このニオイの原因は「アポクリン腺からの汗」でしたよね。この汗が多く分泌されるのは、上記のようなタイミングのときです。

このときは通常以上にすそわきがのニオイも強まりやすいので、クリアネオの利用がよりオススメです。シーンにあわせてクリアネオをうまく使えれば、すそわきがで悩むことも減りますよ。

まとめ

このように、すそわきが自体がワキガとほぼ同じものですから、ワキガ対策クリームとしてよくオススメされるクリアネオなら、すそわきがも抑えられることは多いですよ。陰部のニオイに悩んでいる方にはオススメです。

クリアネオはネット通販で簡単に買えます。この点もオススメのポイントです。気になる方は一度利用を考えてみてくださいね。